【オリジナル家紋】食べ物紋

食べ物に関する家紋

食べ物に関する家紋をまとめたものを見ながら、食とデザインを考えていきます。

炒めチャーハンなど

食べ物家紋1
食べ物の家紋 1

食べ物は、本来静止しているので、動く瞬間を捉えると魅力的なデザインになると思います。

「炒めチャーハン」とかはそのいい例になったと思います。

「チーズフォンデュ」のつけて、伸ばしきった瞬間も魅力的です。
味より重要なのかも知れないです。

見本パスタとか

食べ物の家紋2
食べ物の家紋 2

食べ物紋を作るときは「食品サンプル」を見たりします。

いかに外見だけで「おいしい」を表現するかを追究しているので、学ぶところが多いです。

かっぱ橋食品サンプルの店

浅草のかっぱ橋商店街には、食品サンプル専門店がいくつかあるので、行ってくまなく見て、ああでもない、こうでもない、と考えたりします。

「見本パスタ」のフォークの動きを捉えた姿は、至高のデザインだと思います。
考えた方を表彰したいです。

食とカタチのデザインを考える

食べ物の家紋3
食べ物の家紋 3

人はどうして味覚だけでなく、視覚からも「食」を満足させたいと思ったのでしょうか。

ただ食べるだけじゃなく、エンターテイメント性を持たせたり、新たな食のカタチがこれからも生まれるのだと思います。

タピオカの、
「あの太いストローでもちもちしたタマを吸い取っていく感」は、確かに、新しいと思います。
台湾は、すごい。

まとめ

映える、が主流な昨今、ビジュアルと食はまだまだ進化すると思います。

食べ物紋を通して、そんな流れを捉えられたら面白いなと思います。
いっぱい作っていきたいです。