【家紋】懐かしのもの紋

懐かしのもの家紋のアイキャッチ

家紋を「作ってみた」シリーズ。
今回は”エモいもの”でまとめてみました。

メリケンサックとか

ジュリ扇など懐かしのものの家紋

「メリケンサック」はただ置いただけですが、一見普通の家紋に見える、絶妙なデザインバランスになった気がします。
80~90年代の物まとめです。

ポケットベルなど懐かしのものの家紋

PHSは「アンテナが伸びていた時代」を伝えたくて、作りました。

自分は少々古臭い感覚でモノを作っている自覚はあるのですが、それをうまく使って「VHS」への熱い想いを表現したり、良い方向へ持っていこうとしています。

リモート失敗の現代家紋

反面、新しいものに対しては、ついていけなさと、一抹の憧れを持っている立場を、うまく使えたらなと思います。

モノを作る上では、「好き」だけではない、微妙な距離感が大事だと考えています。

フロッピーやなめ猫

フロッピーなど懐かしのものの家紋
なめ猫など懐かしのものの家紋

なめ猫は、ザ・80年代という時代感を感じます。

デザインとしては、無機的な見た目の「ナタデココ」をこういった切り口で表現したのは、いいと思います。
多分繋ぎ九つ石を参考にしながらも、オリジナルで考えた気がします。

繋ぎ九つ石とナタデココ

ブラインドから覗いたり

ハイジなど懐かしのものの家紋

昭和のテレビやアニメモチーフです。

隅立て折り込み井筒とコマネチ

元の家紋の「隅立て折り込み井筒」を見て「コマネチ」を思いついたり、たまにミラクルを起こします。

蚊取り豚など

蚊取り豚など懐かしのものの家紋

昭和の家庭用品の図鑑に出てきそうなものたちです。

布団叩きや蚊取り豚などは、ほのかな可愛らしさがあって好きです。
今でも良デザインな気がします。

まとめ

懐かしのものたちでした。

デザインは本来、無駄なく洗練された機能的なものですが、昔のデザインはその点無駄ばかりです。

なので、フロッピーに惹かれるのはデザイン人間としては良くないのかもしれないですが、惹かれる側の視点から作れるものもあると思います。
見る人に感興を起こさせるようなものです。

メリケンサックなどを通して、それを証明していきたいです。
エモいもの、今後もまた発掘していきます。