【家紋】文房具・玩具・学校のもの

文房具の家紋のアイキャッチ画像

オリジナルで「家紋を作ってみた」シリーズの、まとめです。

今回は「子ども」関連の紋として、文房具、玩具、学校のもの、でまとめてみました。

文房具紋

分度器や鉛筆削り

暗記カード等の文房具のオリジナル家紋

大人になるとなかなか使わないものが多いです。

ただ、家紋を作ったりしているので、個人的にはまだ分度器を使っています。

しかし最近では角度のわかるテンプレートを自作して、作るようになりました。

家紋自作シート

こんなものです。

5等分で描ける「72度」シート、6等分の「60度」、4・8等分の「45度」のといった具合です。

家紋を書く以外に、何の役に立つのでしょうか。

家紋自作シートの作例

これは実際のラフです。
仕上げの時ブレるとうまくいかないので、この段階でほぼ出来上がった状態になるまで描いています。

ふせん・マーカー

付箋等の文房具のオリジナル家紋

作成するのに5分もかからなかったほど単純な「ふせん」ですが、デザインに流れがあって、良いかなと思います。

他の3つも、実際に使うアクションを入れていて、悪くないと思っています。

デカい筆箱など

でかい筆箱等の文房具のオリジナル家紋

ネタを探してイトーヨーカドーをフラフラしていたら、あの「デカい筆箱」はまだ、子ども用文房具として売られていることを知り、感動して作りました。

昔は「ブルートレイン」の柄が主流だった気がします。

ブルーではないトレインすら通らないような田舎者だったので、鉄ヲタには、なりませんでした。

玩具紋

ダーツとか

ミニ四駆等の玩具のオリジナル家紋

「三つ組みダーツ」は、三つ割り重ね源氏車を参考にしています。

三つ割り源氏車の家紋との比較

オマージュものの中でも、かなりうまくできた方かなと思います。

アーケード筐体

アーケード筐体等の玩具のオリジナル家紋

筐体(きょうたい)とは機械が入った箱のことです。

こういうアーケードゲームでしか聞かない言葉なので、面白い、と思って使いましたが、反応を見て、ちょっと難しかったかな、と感じました。


2つのモチーフをただ並べるだけ、というのも僕はデザインだと思っています。

正解不正解の線引きが難しいものですが、「並べ紋」もまとめてみました。

並び紋の例

学校のモノ紋

アオハルかよ

ちりとり等の学校のモノのオリジナル家紋

思えば、学校にしかなくて、社会人になるととんと見なくなるもの、って結構あると思います。

「学校のちりとり」は、トタン製だそうです。
そこそこ丈夫で量産しやすいのだと思いますが、トタンって、これしかお世話になってない気がします。
でも形は可愛いですね。

百葉箱・朝礼台

百葉箱等のオリジナル家紋

謎の白い箱としか思っていなかった「百葉箱」は、温度計が入っていて、外の風雨からそれを守っているものみたいです。
本当に、現代の技術で「最善」なのでしょうか。

「男子中学生のお土産」は展示で見せた時に反応があって嬉しかったです。
京都とか、場所に関係ないのに、男子は買ってしまうものです。

と、バカにしてたら、こないだ実家の机の引き出しから出てきて青ざめました。

どうして、何のために買ったのか。
中学生の自分を、問いただしたいです。

まとめ

というわけで、文房具などでした。

「エモい」ではないですが、忘れかけているものを掘り起こすような作業は、得意です。

好評ならば、こういった紋も増やしていきたいと考えています。