【制作実績】飲食店のロゴを手掛けました

お店ロゴ制作の実績

お店の看板やメニューに使うロゴを手がけました。
その制作の流れを書いていきたいと思います。

 ご依頼内容

これから開店する予定の飲食店の、ロゴを作りたいということでご依頼を頂きました。

オーナーさんが狩猟を趣味としていて、ゆくゆくはジビエ料理を出すというのが、お店のコンセプトでした。

オーナーさんは僕の家紋作品を見ており、その中で「原始の男」を気に入って、使いたいとのことでした。

家紋の原始の男
原始の男

その上で、

  • 男が猟銃を持っている
  • 何かを食べている

を加えて欲しいとのことでした。

ちなみに

既存の作品にあるイメージを使って、アレンジするご依頼は、イメージが共有しやすいので嬉しいです。

そういう使い方が失礼にあたると考える方もいると思いますが、僕個人は全く問題ありません。

もちろん、作品を全く見なくてもご依頼いただけますので、よろしくお願いいたします。

制作の流れ

ヒアリング

それを受けてまず、原始の男は「猟師の人」のイメージで見て頂いているものと考えました。

なので猟師(マタギ)のコスチュームに変えて、よりジビエに近いイメージにすることを、こちらから提案させていただきました。

また、使用サイズが看板とメニューで開きがありましたので、大小2タイプ作ることをおすすめしました。

今回は、大サイズの簡略化したものが小サイズで、手間も少ないので、ひとつ分のデザイン料のまま手がけました。

提案した内容も気に入って頂き、大小サイズも含め確認して頂いたので、ラフに移りました。

ラフ案

ヒアリングをもとにラフを制作しました。

特に、猟銃に関しては専門の方なので、入念に研究・作画しました。
実際の案がこちらです。

お店のロゴのラフ案

作画してみて、銃身が枠から出ることで、ロゴの使い勝手が悪くなるかもしれないと思い、枠に収まっているものと2タイプ描いて、選んでいただきました。

完成品

ラフ案は、銃身が出るタイプでそのままOKを頂きましたので、そちらを清書いたしました。
完成品はこちらです。

お店ロゴ制作の完成品1
使用ツールAdobe Illustrator
納品形態aiデータ

お店について

2021年7月に、さいたま市東大宮駅近くにオープンしました。

 「猟師の店 かねみつ」

営業日時やメニューなどはTwitter(@kanemitsu_meat)にて

お店を紹介している記事もあります↓

※看板も、このような雰囲気です。

コロナ禍から再生していくタイミングでオープンする飲食店を、僕は強く応援したいです。
繁盛しますように!

まとめ

以上、お店のロゴ制作実績でした。
しっかりヒアリングをして、より良いイメージで仕上げることが可能です。

お気軽にご相談・お問い合わせください。