文字・漢字イラストを集結させてみた

文字とイラストのアイキャッチ

文字や漢字にまつわるイラストを多く手掛けているので、紹介していきます。

聖徳太子の言葉

和の文字の漢字イラスト

『和をもって…

尊の文字の漢字イラスト

尊しとなす』

聖徳太子が作った憲法の第1条の言葉です。

まず仲良くすることが第一だよ、という意味です。
憲法の最初にそう宣言するセンスの高さに感心して作りました。


漢字はその歴史と奥深さが詰まっていて、いろんなカタチの中でも、個人的に特に関心が高いです。

昔からそうだったようで、母の話では、漢字を習う前から見ていくつか書けていたらしいです。
書き順は滅茶苦茶だったそうですが。

「田」のようにカタチそのものが字になったものもあれば、音が同じだからその字をあてたものがあります。

何でコレは形から取って、アレは音から取ったんだろうと、考えると謎の多いもので面白いなと思います。

難しい漢字も分解してみると面白くて、「麒麟」という字も「其」が「キ」という音で読めるので、どっちも音から来た漢字だと理解すれば、後は鹿をくっつけるだけで覚えやすいと思いました。

漢字の覚え方を教えることで有名になった芸人さんがいましたが、考え方は似たようなものかもしれないです。


話はそれましたが、こうして好きな文字を「イラスト化」することで漢字のカタチの楽しさを表現したいと思っています。

とめ、はらいなどの太さの強弱も意味のあるものだと思い、なるべく先端までしっかり絵にするようにしています。

「尊」は特に、中身は可愛いのに全体のカタチは渋く、威厳があって面白いかと思います。

おめでたい漢字 -慶-

漢字イラストの慶

『慶』
以前紹介しましたが、お仕事の依頼を受けて制作したものです。

注文があったわけではないですが、「動物キャラマシマシ」にして可愛さが増すように作りました。


文字イラストで使うフォントは決まっていて「白舟極太楷書」をもとに作っています。

漢字・ひらがなともにボリュームがしっかりしていて、見やすい割にとめ・はらいが綺麗で和風っぽい渋さが出ますし、最良です。

ただそのまま使わず、形を少し整えるのがポイントです。

はらいが長すぎてくっついていたり、本来ある線を(筆のくせを大事にしているからでしょうか)はしょっていたりするので、細かい線を引いたり足したりして、よりはっきりその字だと分かるようにしています。

慶の文字の比較資料
このイラストでも少し線を足しています


その点で、上のイラストの「尊」は、少し前の作品なのでフォントのまま使っています。
なので少し分かりにくいかなと思います。

真ん中の「酉」っぽい形をはっきりさせるべきだったと、今は思います。

おまけ・ひらがな三部作

ひらがなのおの文字イラスト
ひらがなのかの文字イラスト
ひらがなのゆの文字イラスト

『三部作』
3連のものにしようとしたもので、くだらないのが良いなと考えとでてきたのがこのイラストです。

最初の二つだけ発表した時に、展示で見ていただいた方が3文字目を当てようとしましたが、あまりにくだらなかったためか、当てた人はいませんでした。

真面目な反省としては、同じやり方で描いているので3部作にする必要性がそんなにないかなあと思いました。

その他・関連記事

その他、文字イラストは過去にいくつか紹介しています。

まとめ

文字イラストたちでした。
少し似通ってきているので、次に文字で作る際には、何かもう一つ工夫を加えたものにしたいです。

今のところは正直、何も浮かばないので、グラフィックデザインの本を読んだりちょっと勉強して、考えます。

文字の面白さが活きるようなイラストを、これからも生み出していきたいです。