【家紋】植物やキノコ紋

植物を使ったオリジナル家紋まとめ

ジャンル別家紋まとめ、今回は植物です。

食虫、時にラフレシア

食虫植物を使ったオリジナル家紋まとめ

「ハエトリグサ」くらいアクションがあると植物モチーフも悪くないかなと思います。

動きも、動物のような愛嬌もあまりないので、植物紋は結構難しいです。
ですが個人的には好きなジャンルなので、果敢に挑んでいます。

「タンポポ」は初めて作った植物紋です。
小さな舌状花を一個一個配置し、執念を込めて作りました。
SNSでコメントをくれた方もいて、かなりヨシッ!となりました。

ただ、ものを作る上で、あまり念を込めすぎるのは良くない気がします。

歌のうまいベテラン歌手は、あえて気持ちを込めずに歌う、といいます。 
そういう感覚は、僕は結構大事だなと思っています。

エノキやアスパラ

キノコや野菜モチーフのオリジナル家紋

野菜とキノコでまとめています。
と、まとめたところで、キノコは植物ではないことに気付きました。
やっぱり苦戦していますね。野菜つながりで見て下さい。

「エノキタケ」は形状を含め、パッと浮かんだ紋でした。
稲紋のイメージが強くあったと思います。

稲紋資料

環状の流れがあるし、全体も円でまとまっていて、綺麗なデザインだと思います。
うまくこの環の流れを使えたかなと思います。

果物

果物をもとにしたオリジナル家紋

最後は少ないですが、果物紋。
形をちゃんと捉えれば、このジャンルも悪くないと思います。

ここで言いますと、もとの家紋は、その大半のデザインが植物紋です。
なのですでにデザインされたものが多く、なかなかそこも難しいです。

植物紋たち

(左上からリンドウ、笹、ツタ、キキョウ、カタバミ、フジ。)
家紋に植物が多いのは、その数学的バリエーションの多さが理由だと思います。
花びらにしても1~8枚まで奇数も素数もあります。

僕は特に5の倍数ずつ葉っぱを増やしていく、トウダイグサ科が好きです。

ノウルシ、トウダイグサ科の資料

5本足の猫とか、動物に5はほとんどない数字です。
コレを見つける度、なぜ5を選んだのか、5の謎について思います。

まとめ

植物やキノコ、野菜でした。
苦戦はしつつも植物紋を作りたいのは、やはり昔からある家紋の歴史に挑戦してみたいことと、植物が日本文化の源流にあると思うからです。

日本に住んでいる外国の方が「日本は、土の文化だ」と言うのを聞いた時、僕は「そうか!」となりました。

畳や正座で座るなど、日本人は地面に近い場所で生活し、文化を育んできたと思います。
その土の源である植物に対し、昔から尊敬の念を抱いていた気持ちを、大切にしたいです。


だから、なるべく楽しい形で、植物もイイよね、となるような紋を作っていきたいです。

ネコ動画がバズってオモロイと言われるようなことを、植物でやりたい、というのが、僕の一つの夢です。