新作家紋集・前編

現代家紋2021年春のアイキャッチ画像

オリジナルで作った家紋デザインの、新作を紹介しています。
テーマごとに並べています。

現代

前回も好評でしたし、いい意味で「俗っぽい」味わいが増すので、たくさん作っています。

置き配

置き配のオリジナル家紋

「置き配」自体は考えていましたが、家紋らしいこういった配置は工夫しました。

「ムササビスーツ」も中心に収束するような、良いデザインにできたと思います。


「バランスボール」のようになるべく円や枠を使わずに、モノ自体で美しいデザインを目指す、というのが今回の裏テーマでした。

円で囲んだだけでも、実はそれっぽく見えるので、「円に甘えないデザインづくり」を目指したわけです。
見る側にはそんなに関係ない話ですが。

パチモン

ASMRのオリジナルの家紋

普段から町にあるガチャガチャをよく見ます。
最近のガチャガチャからは、よりニッチを狙おうという熱意を感じられ、なんだかよく分からない「視点」をくすぐられます。

ただ、鬼滅の刃が流行してからは、そのパチモンのガチャガチャがよく出回っています。
本物よりかなり豊富なグッズ展開をしてますが、豊富だから何なのか、これもわからないです。


「フラッシュモブ」は、あえて今のタイミングで出したい、「コロナ前現代モノ」です。

今見ると、ちょっと複雑な気持ちになるモチーフを、またこれから増やしたいです。

ヒト

聖子ちゃんカットのオリジナル家紋

「今日から俺は」とか「シティポップ」とか、80年代の波が来ている気がしたので「聖子ちゃんカット」を作りました。


人は自由なはずなのに、型にはまります。

「人類の進化」の図は必ず真横ですし、「ソムリエ」は飲むポーズではなく嗅ぐポーズです。
そういったことをいつも不思議に思っています。

海の生き物

メンダコ

メンダコのオリジナルの家紋

「メンダコ」は可愛いけれど、モチーフとしてはよくあるのでいまいちかなあと思っていましたが、意外と好評でした。
こういった紋の配置になってるケースはあまりないと言われました。

紋デザインの力というのはこういうところにあるのかと、逆に勉強させられました。

「サメ映画」はダブルヘッドシャークなど、意味もなくたくさん頭があるB級サメ映画で是非作ってみたくて、やりました。

ダンゴウオ

ダンゴウオのオリジナル家紋

これから流行って欲しい魚です。人気になる前に作っておきました。
ダンゴウオはダイバーには人気がある、小さくて顔の可愛い魚です。

「ミノカサゴ」はもうそのままで、円に綺麗にハマると思ったのでそうしました。

アート

美術のオリジナルの家紋

コロナ自粛中、美術の本を読みあさっていたので、今回初めてまとめる位の数ができました。

「モディリアーニ」の人物のナナメ感、細長さをよく捉えられたかなと思います。

「国芳ガイコツ」も思いきりのいいデザインにできたと思います。
歌川国芳の、相馬の古内裏が元ネタです。

まとめ

現代テーマからアートまででした。

前回から人モチーフに積極的になり、より身近な現代感が出て、伝わりやすくなったかなという手応えがあります。

では、続きはまた来週に。

  • 次ページ:作品のみのギャラリーページ